ピクテ・サイトキーワード
Search Google
Google


スポンサーサイト

  • 2007.08.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


投資信託の分配の流れ

投資信託を行うに当たり分配金の流れは把握しておく必要があるでしょう。

投資信託を運用した成果を定期的にまとめるのが決算です。決算の結果、その収益の一部を投資家に還元することを分配といいます。
分配によって支払われる分配金は、運用の実績により変化するもので、運用の結果によっては分配金が出ない場合もあります。
分配金は、株式や不動産投資信託の配当金、債券の利息などの利子収入と、株式・債券・不動産投資信託などの売買益です。こうしたものから、どのくらい分配金として支払うかは、投資信託ごとに定められた分配方針によって決まります。
分配金は、投資信託の信託財産から支払われる為、分配金が支払われた時は信託財産はその分減少し、基準価額は下がります。

換金は投資家が必要な時にいつでも行えます。
換金する場合には買取請求と解約請求があります。
換金方法によって、課税方法が変わってきます。

買取請求というのは、受益者が販売会社に、受益証券の買取りを請求することによって投資信託を換金する方法です。受益者と販売会社の売買取引であり、受益者による販売会社への売却といえます。
買取請求による換金で受益者に利益が出た場合、税法上は譲渡所得になります。

また解約請求は、受益者が販売会社を通じて投資信託委託会社に、信託財産の一部取り崩しを請求することによって投資信託を換金する方法です。
解約請求による換金で受益者に利益が出た場合、税法上は配当所得になります。

そして投資信託が信託を終了することを償還するといいます。信託期間のあるものは、その期限が償還日となります。
運用成果として償還日に計算される償還価額で、投資家の保有口数に応じて支払いするのが償還金です。
償還価額が個別元本を超える場合にその超過額の10%が配当所得として課税されます。


投資信託の税金

現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。
その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。
税額は販売会社が収益分配金や償還金を支払うときに徴収して税務署に納税します。自分で申告したりする必要はありません。
投資信託を解約する場合は、解約価額の元本超過額に対して20%が税金として源泉徴収されます。
これが投資信託の税制の基本ですが、追加型株式投資信託の場合だけは税金の計算がやや複雑になります。
それは追加型株式投資信託は時価で追加設定が行われるため、元本が変動するからです。

2000年4月1日より、追加型株式投資信託の課税方式が変わりました。従来の「平均信託金方式」から「個別元本方式」へ移行しました。
個別元本方式というのは、受益者ひとりひとりの購入単価を税法上の元本とする方式です。
このため「元本」は受益者ごとに異なります。

解約の場合は、基準価額とその受益者の「個別元本」との差額に対して、20%の税金が課税されます。
従って受益者ごとに税額が異なりますので、手取り金額もそれぞれ異なることになります。
受益者が収益分配金を受け取るときの税金も受益者ごとに異なります。
受益者ごとの個別元本により、収益分配金のうち値上り部分の分配額と元本部分からの分配額を受益者ごとに計算し、値上り部分からの分配に対して20%の税金を課税、元本部分からの分配は非課税となります。
投資信託を行う際には税金の金額も考えでおく必要あるといえるでしょう。

投資信託の選び方

投資信託は預貯金と違いリスクがつきものです。
必ずしもお金が増えるというものではなく、減る可能性もあるというものです。
ですから、いちばん大事なことは、リスクが高いものに対しては、余裕のあるお金で投資をする事です。
たとえば、安定性を第一に考えたい生活資金や準備資金のようなものを、高いリスクをとって高い収益を狙う投資につぎこむのは危険といえるでしょう。
すぐに使う予定のあるお金はリスクが低めのもの、長期で運用できるものは少しリスクが高めのものへ投資するというのが一般的なスタイルです。
投資に使うお金は投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。

投資信託の選び方のコツとしては、まず高いリスクで高い収益を目指すのか、高い収益の期待は少なく安定的
なファンドを選ぶのかを考えます。
そしてそのファンドは何に投資しているのか、国内型か海外型か、運用スタイルも含めて、ファンドの特色を把握しておきます。
運用期間が決められているか、無期限なのかなどの確認や投資家が負担する手数料および税金の金額のチェックも重要なポイントです。

海外に投資する時は、円高、円安が基準価格に影響するのでチェックしておく必要があるでしょう。
最後に、大事な収益分配金が投資家に直接支払われるものなのか、自動的に再投資に回されるものなのか把握しておく必要があります。
以上の事は最低限考えて投資信託を選ぶ必要があるでしょう。

投資信託の購入方法

投資信託が最近注目されていますが、まだまだどのようにして購入したらいいのかわからない人も多いと思います。
そこで、投資信託の購入方法について紹介しようと思います。

★購入する場所
投資信託は、1998年までは証券会社でないと買えませんでした。
しかし、1998年12月1日より、銀行などでの金融機関での販売が可能になり、今では証券会社、銀行、郵便局、保険会社といった様々な場所での購入が可能になっています。

★いくらから買える?
投資信託は通常1口1円で、一万個あたりの金額を基準価格と呼びます。
たいてい1万円からの購入が可能です。

★口座を開く
投資信託を行うには、口座を開く必要があります。
投資信託は株と違って、金融機関によって取り扱う投資信託が違います。
自分の持っている口座の証券会社が、自分が欲しい投資信託を売り出していなかったとしたら、その投資信託は購入できません。

<口座開設までの流れ>
資料請求
   ↓
口座開設申し込み書が届く
   ↓
必要事項を書いて返送
   ↓
口座開設通知書が届く
   ↓
取引開始

★投資信託の手数料
投資信託には2種類の手数料がかかります
販売手数料と信託報酬です。
販売手数料は投資信託を購入する窓口(銀行、郵便局、証券会社など)に支払う手数料です。
窓口によって手数料は異なります。
信託報酬は運用を代行しているファンドマネジャーと資産管理をしてくれる信託銀行に支払う手数料です。
信託報酬は基準価格から毎日すこしずつ差し引かれます。

投資信託の特徴

このサイトではピクテを中心とした投資信託に関する情報を提供しています。

まずはそれ以外に投資信託の基本に付いて学んでいきましょう。

投資信託とは、ファンドを購入する金融商品のことです。
多数の投資家が資産運用会社に資金を預けて、資産運用会社がその資金を株式や債券に投資します。
そこから得られた利益を投資家に分配するという仕組みになっています。

昨今では、低金利が続く中で、銀行への預貯金だけでは資産形成がうまく進まなくなってきています。
そこで、投資信託が資産運用方法として注目を集めるようになっているのです。
ここでは最近人気の投資信託の特徴について説明したいと思います。

<投資信託の特徴>

1.少ない額からスタートすることができる
  株式などに直接投資するにはある程度大きな資金が必要です。
  その点、投資信託は、比較的少ない額からの投資が可能となっています。

2.分散投資をすることで、リスクも分散することができる
  投資信託は、株式や債券など複数の資産に分散投資できます。
  ひとつの銘柄に投資するよりもリスクが分散できるというわけです。

3.運用は投資のプロフェッショナルに任せる
  経験豊富なファンドマネジャーが運用を担当します。
  間接的にプロのノウハウや知識を活用できます。

4.幅広い商品の選択肢がある
  投資信託には、投資の対象や運例の方針が異なる多くの商品があります。
  自分の目的やリスクの許容度に合わせて選ぶことができます。

5.収益性が高い
  リスクはありますが、リターンも同時に期待できます。

投資信託は、上手に活用すれば将来の資産形成に非常に役立つと言われています。
投資信託の基礎知識や特色、またリスクについても十分考えた上で、チャレンジしてみてはどうでしょう?

            
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
関連キーワード

ピクテ,投資,投資信託,ピクテインカムファンド,ピクテプレミアム

others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM